MENU

地球環境に配慮します

女性

家族に合わせて選びます

給湯器の故障は雷などの天災や、経年変化による劣化から生じることがあります。使用年数が10年を過ぎると、このような故障から買い換えを考えた方が良い場合があります。また、朝や夜、家族が同時にキッチンや洗面台、浴室を利用すると、給湯器の許容量を越えてしまい、安定して供給できなくなることがあります。そんなときには給湯器の許容量を変えてみると良いでしょう。給湯器のサイズは住んでいる住まいの人数によって選定が異なります。独り暮らしの共同住宅では同時にキッチンと浴室を使うことはあまりありません。家族が多い場合、使用時期が重なると許容量を越えてしまうことが多くなり、故障の原因に繋がります。給湯器を買い換えると経済面の節約に繋がります。省エネルギー設計のものが増え、ガスの使用料が軽減できるメリットがあります。また、節水シャワーとの併用で水道代も変わっていきます。給湯器の故障が思いがけず地球環境保全に繋がります。寒冷地では、その寒さゆえにガスの消費も増えますが、屋外に設置している給湯器の配管部分に工夫をすることで故障を減らしています。早朝の給湯器の使用は、配管が凍っていると湯どころか水も出なくなることがあります。配管に防寒対策をすることで水が凍る心配がなくなり、温かい給湯が可能になります。給湯器の故障をきっかけに使用人数を考慮し、経済効果、地球環境の配慮をしてくれる新しい給湯器に業者と相談しながら取り替えてみましょう。