MENU

お湯が出なくなったら

給湯器

依頼する前に確認を

世界的に見ても日本人はお風呂好きであり、今でもシャワーで済ますのではなく湯船に浸からないと満足出来ないという人は珍しくありません。いつでも暖かいお風呂に入れるのは給湯器のおかげですが、突然お湯が出なくなってしまい水だけしか出ないという状態になってしまう場合もあります。そんな時には給湯器の故障が原因である可能性があります。給湯器が故障してしまったら業者に連絡して修理してもらうことになりますが、その際には修理費用だけではなく出張費などもかかることになります。修理代も部品代だけではなく技術料も必要になりますので、故障の程度によってかなり金額が変わってきます。また、給湯器そのものは問題がなく修理の必要が無いという場合でも出張費はかかってしまいます。距離やメーカーによって費用も違ってきますが、おおよそ2000〜3000円程度の費用はかかります。そこに故障診断料や点検料などもかかりますので、故障がなくてもそれなりの費用が必要となってしまうのです。このように業者に修理を依頼する際にはそれなりの費用がかかってしまいますので、故障かなと思ったらまずは自分で確認することが大切です。お湯が出ないという時にはすぐに給湯器の故障を疑ってしまいますが、場合によっては給湯器の故障ではなく水漏れなどのトラブルが原因である可能性もあります。そのため、まずは取扱説明書を参考にして故障箇所を自分で確かめることも大切です。