MENU

まずチェックすべき点

家族と作業員

直らなければ業者に依頼を

給湯器は特に冬場には欠かせないものです。お風呂やシャワーが急に使えなくなると冬場などは非常に困ってしまいます。ただ、お湯が出ないというだけで給湯器の故障と決めつけるのは早計といえます。お湯が出ないのは給湯器の故障以外にも様々な原因が考えられるためです。ガス会社のホームページなどにケース別で考えられる原因と解決策が書かれているので、まずはそれらを参照してチェックしてみましょう。意外に季節柄しょうがないことであったり、断水など外部要因によるものだったりすることもあります。これらをチェックしてもお湯がうまく出ない状況が続くのならば、給湯器の故障を考えて業者に見てもらうとよいでしょう。このとき依頼できる業者は、給湯器メーカー、ガス会社や電気会社など熱源を管理する会社、故障や修理専門の業者などがあります。給湯器のトラブルであると推測されるときはメーカーか修理専門の業者が良いでしょう。ただメーカーだと修理できるのに交換をアピールしてくることもあるので、注意が必要ともいえます。修理専門の業者は費用が安く、まず修理を考えてくれるので最もニーズに合っているといえます。ただ業者の内実は様々なので、質を見極めねばなりません。365日活動しているか、修理後のアフターケアはきちんとしているか、業績は長くしっかりしたものか、口コミはよいかなどを確認しましょう。実際問い合わせたときの対応も重要です。このときの対応がぞんざいな業者は修理などもぞんざいである可能性が高くなります。