MENU

壊れた時の注意点

水回り

壊れてしまった時は

給湯器の故障には水が出ない、お湯にならない、給水量が安定しない、設定した温度にならない、本体から黒い煙が出るなどのことが多くなっています。給湯器の使用中に以前よりもガスの臭いが強くなった、異音がするようになったなどのことがある場合は、大きな故障をする前兆の可能性があるので気をつけましょう。上記のような故障がある場合、給湯器のリモコンにエラーコードが出ることがあるので、エラーコードが出ている場合は忘れずにメモを取っておきましょう。業者に給湯器の修理や交換を依頼する時もエラーコードを伝えておくと、業者の方でもどの個所が故障しているのかを把握しやすくなるのでお勧めです。給湯器が故障した時に交換した方が良いのか、それとも修理した方が良いのかという判断は依頼した業者の意見を聞くようにしましょう。給湯器の寿命は設置している場所や使用頻度などによっても上下しますが、一般的には約10年と言われていますので、使用してから10年以上経過している場合は新品に交換した方が得になることが多いです。あまりに古い型の給湯器だと業者の方でも修理用のパーツの在庫がない、仮に修理ができたとしても今後、すぐに別の箇所が故障してしまうことが考えられるという場合は業者でも交換を勧めることが多くなっています。使用するようになってから、それほど年数が経過していない場合は修理した方が費用も抑えられることが多いので参考にしてみましょう。